町立大鰐病院  院 長  佐藤 新一

 

 青森県津軽地方の南端に位置する大鰐町は、八百年の歴史を誇る大鰐温泉や、多くのオリンピック・国体選手を輩出した大鰐温泉スキー場など、豊かな自然と緑に恵まれ、津軽の奥座敷として四季折々の美しさを満喫させてくれます。

そのような環境に囲まれている町立大鰐病院には温泉が敷かれ、患者さんにも「あずましい」入院生活を送っていただいております。

 当院は、慢性期や亜急性期だけでなく、救急告知病院であり急性期も扱い地域の方のニーズに対応しています。

 また、医療の進歩に遅れないように大学病院との連携を保ち、さらに地元の開業されている先生方との連携を密にして町全体がひとつの総合病院との考え方に基づき診療に当たっております。

 最善の医療と質の高い看護サービスを提供するため、当院の基本理念である地域医療の確保、地域に住む方の健康管理、地域医療の向上に努めてまいります。

 この地域になくてはならない病院、それが大鰐病院です。

 建物は古くなりましたが、新しい診療機器、検査機器を随時導入しており、患者さまに十分満足かつ、安心して検査・治療を受けていただけるようスタッフが一丸となってがんばってまいります。


【 院長 プロフィール 】

 診療科  外科
 専門分野 外科一般、消化器外科
 
 職歴
 昭和52年 弘前大学医学部 卒業
 昭和56年 弘前大学医学部大学院 卒業
 昭和56年 三戸中央病院 勤務
 昭和57年 市立秋田総合病院 勤務
 昭和59年 弘前大学医学部付属病院 勤務
 昭和60年 公立米内沢総合病院 勤務
 昭和61年 公立米内沢総合病院 副院長就任
 平成11年 国民健康保険藤崎病院 副院長就任
 平成19年 国民健康保険藤崎病院 院長就任
 平成20年 町立大鰐病院 副院長就任
 平成20年 (7月1日)町立大鰐病院 院長就任