平成30年度 複合検診について

生活習慣病予防のため、年に1回の検診(健診)でご自身の健康状態をチェックしましょう。

がんは、初期は自覚症状がないものが多く、早期発見・早期治療することが大切です!40代からがんが増加していますので、忘れずにがん検診を受けましょう!
また、がん検診を受けて精密検査になった方は、必ず精密検査を受けましょう。

30~39歳の方(国民健康保険、社会保険問わず)も基本健康診査及び肝炎ウイルス検査を受けることができます!

検診実施日程
検診日 対象地区
6月

6日(水)、7日(木)、

8日(金)、11日(月)

蔵館、元長峰、苦木、長峰、九十九森、

唐牛、駒木、駒ノ台、日の出、前田ノ沢

7月

5日(木)、6日(金)、

10日(火)、12日(木)

大鰐、宿川原、居土、三ツ目内、折紙、高野新田、

島田、早瀬野、八幡館、鯖石、森山、虹貝、虹貝新田

6月10日(日)

7月11日(水)【女性限定日】

全地区

 

検診実施場所

 大鰐町総合福祉センター

自己負担

 無料

検診対象者及び検診内容
特定健診等(基本的な健診)

  対象者:①40から74歳の大鰐町国民健康保険の方

      ②後期高齢者医療保険の方

      ③40歳以上の生活保護受給者で高血圧・糖尿病・脂質異常症でいずれかで治療していない方

      ※上記以外の社会保険等の方は、各医療保険者にご確認ください。

  健診内容:①は大鰐町国保特定健康診査

       ②は後期高齢者健康診査

       ③は、40から74歳・・・大鰐町国保特定健康診査と同じ内容

          75歳以上・・・後期高齢者健康診査と同じ内容

基本健康診査

  対象者:30から39歳の方(昭和54年4月1日から平成1年3月31日)

  健診内容:上記、大鰐町国保特定健康診査と同じ内容

 

胃がん検診

  対象者:40歳以上の方(昭和54年3月31日以前に生まれた方)

  検診内容:問診、バリウムによる胃部X線間接撮影

  

肺がん検診

  対象者:40歳以上の方(昭和54年3月31日以前に生まれた方)

  検診内容:問診、胸部X線間接撮影、喀痰検査(問診で必要と認めた方)

  

大腸がん検診

  対象者:40歳以上の方(昭和54年3月31日以前に生まれた方)

  検診内容:問診、便の潜血反応検査(2日法) ※生理中は便の検査はできません。

 

肝炎ウイルス検査(B型肝炎・C型肝炎)

  対象者:30歳以上の今までに肝炎ウイルス検査を受けたことがない方

  検査内容:問診、採血によるB型肝炎及びC型肝炎抗体検査

  ※肝炎ウイルス検査は生涯に1回が適当とされていますので、過去に同様の検査を受けた方は受ける
必要はありません。

町では、肝炎ウイルスに感染していると判定された人や、肝臓がんによる死亡率が非常に高いです。

肝臓がんの一番の原因は肝炎ウイルスによるものです。検査をしたことがない方は、1度検査することを強くお勧めします。

また、感染していた場合は、放っておかずに治療することが大切です。

申込方法

 検診日1週間までに、直接、下記申込先に電話でお申し込みください。

     申込先:保健福祉課 健康推進係 電話:48-2111

                     内線:304、307、308

注意事項

 複合検診と国保人間ドックは、年度内に重複して受診することはできません。