老人福祉計画(高齢者福祉計画)とは

 老人福祉法第20条の8の規定に基づき、市町村は、その区域において確保すべき老人福祉事業(老人居宅生活支援事業及び老人福祉施設による事業)の量の目標及びその確保のための方策について定めるため、「老人福祉計画」を定めることとしています。

 計画の策定にあたっては、身体上又は精神上の障がいがあるために日常生活を営むのに支障がある高齢者の人数、その障がいの状況、その養護の実態その他の事情を勘案したものでなければならないことから、市町村が定める「地域福祉計画」や、その他の老人福祉に関する事項を定めた計画と整合性を図ることとしています。

 また、同じく市町村において定めることとされている「介護保険事業計画」と一体となったものでなければならないことから、介護保険事業計画の見直しに合わせ、3年に一度見直しを行っています。

 

 介護保険事業計画とは

 介護保険法第117条の規定に基づき、市町村は、介護保険事業に係る保険給付の円滑な実施を図るため、3年を一期とした「介護保険事業計画」を定めることとしています。

 計画では、介護給付や地域支援事業の量の見込みとその確保のための方策、介護予防や介護給付費の適正化に関する施策等について定めるとともに、保険給付を円滑に実施するため必要となる「第一号被保険者が負担する介護保険料」を決定しています。

 

 介護予防・日常生活圏域ニーズ調査

 大鰐町の高齢者の心身の状況、その置かれている環境、支援ニーズ等について把握し、計画に反映するため下記の通り調査を実施しました。調査にご協力いただきありがとうございました。

 調査対象:大鰐町に居住する65歳以上の高齢者(要介護1~5認定者を除く)1,000人から無作為抽出

 調査期間:平成28年12月6日~26日

 調査方法:調査票の配布:郵送

      調査票の回収:訪問回収

 集計結果:有効回答 917件(91.7%)

 分析結果:大鰐町介護予防・日常生活圏域ニーズ調査結果報告書 [3085KB zipファイル] 

 

 大鰐町高齢者福祉計画・介護保険事業計画

 大鰐町では、以下の通り計画書を作成しました。

 計画期間:平成30年度(2018年度)から平成32年度(2020年度)

 計 画 書 :大鰐町高齢者福祉計画・第7期介護保険事業計画 [2195KB pdfファイル]