老人福祉計画(高齢者福祉計画)とは

 老人福祉法第20条の8の規定に基づき、市町村は、その区域において確保すべき老人福祉事業(老人居宅生活支援事業及び老人福祉施設による事業)の量の目標及びその確保のための方策について定めるため、「老人福祉計画」を定めることとしています。

 計画の策定にあたっては、身体上又は精神上の障がいがあるために日常生活を営むのに支障がある高齢者の人数、その障がいの状況、その養護の実態その他の事情を勘案したものでなければならないことから、市町村が定める「地域福祉計画」や、その他の老人福祉に関する事項を定めた計画と整合性を図ることとしています。

 また、同じく市町村において定めることとされている「介護保険事業計画」と一体となったものでなければならないことから、介護保険事業計画の見直しに合わせ、3年に一度見直しを行っています。

介護保険事業計画とは

 介護保険法第117条の規定に基づき、市町村は、介護保険事業に係る保険給付の円滑な実施を図るため、3年を1期とした「介護保険事業計画」を定めることとしています。

 計画では、介護給付や地域支援事業の量の見込みとその確保のための方策、介護予防や介護給付費の適正化に関する施策等について定めるとともに、保険給付を円滑に実施するため必要となる「第1号被保険者が負担する介護保険料」を決定しています。

大鰐町高齢者福祉計画・第7期介護保険事業計画自己評価

 平成30年度から令和2年度を計画期間とする「大鰐町高齢者福祉計画・第7期介護保険事業計画」について、計画の進捗状況を把握し、目標やその達成に向けての方法などの見直しを検討するため、毎年度自己評価を実施しています。

 平成30年度自己評価 [289KB pdfファイル] 

 令和元年度自己評価 [303KB pdfファイル] 

 令和2年度自己評価 [296KB pdfファイル] 

大鰐町高齢者福祉計画・第8期介護保険事業計画

 大鰐町では、以下のニーズ調査等の結果を反映し、次のとおり計画書を作成しました。

 計画期間:令和3年度から令和5年度

 計 画 書 :大鰐町高齢者福祉計画・第8期介護保険事業計画 

介護予防・日常生活圏域ニーズ調査

 大鰐町の高齢者の心身の状況、その置かれている環境、支援ニーズ等を把握し、介護予防や生活支援の施策検討を行う際の基礎資料を作成するための調査です。調査にご協力いただきありがとうございました。

 調査対象:大鰐町に居住する65歳以上の高齢者(要介護1~5認定者を除く)から1,000人を抽出

 調査期間:令和2年5月29日~6月12日

 調査方法:郵送調査

 集計結果:有効回答 692件/1,000件(69.2%)

 分析結果: 大鰐町介護予防・日常生活圏域ニーズ調査結果報告書  

在宅介護実態調査

 大鰐町の在宅介護の実態を調査し、介護者が抱える不安や必要としている支援等を把握し、介護離職の防止に向けた施策検討を行う際の基礎資料を作成するための調査です。調査にご協力いただきありがとうございました。

 調査対象:大鰐町に居住する要介護・要支援認定者で、認定の更新に伴う認定調査を受ける(受けた)者

      ※介護保険施設入所者、医療機関に入院中の者は対象外

 調査期間:令和元年11月1日~令和2年8月21日

 調査方法:認定調査員による聞き取り調査(令和元年11月1日~令和2年3月31日)

      郵送調査(令和2年8月10日~8月21日)

 集計結果:有効回答 268件/528件(50.8%)

 分析結果:在宅介護実態調査の集計結果(クロス集計版) 

高齢者施設入所(入居)待機者の状況調査

 大鰐町の高齢者施設における入所(入居)待機者の状況を把握し、サービス基盤整備等の検討を行う際の基礎資料を作成するための調査です。調査にご協力いただきありがとうございました。

 調査対象:大鰐町内の高齢者施設(特別養護老人ホーム、グループホーム、有料老人ホーム)

 分析結果:大鰐町高齢者施設入所(入居)待機者状況調査結果