大鰐町に伝わる伝統野菜「大鰐温泉もやし」

 

 青森県の中南地域に位置する大鰐町には、古くから伝わる幻の冬野菜「大鰐温泉もやし」があります。

 温泉熱と温泉水のみを用いる温泉の町ならではの独特の栽培方法により、
およそ350年以上前から栽培されてきた津軽伝統野菜の一つで、
津軽三代藩主・信義公が大鰐で湯治する際は必ず献上したとされております。

 秘伝の大鰐温泉もやしは、 独特の芳香とシャキシャキとした歯触り、味の良さ、品質の高さで
人気が高い大鰐町自慢の味です。

秘伝の温泉もやし

  • 大鰐温泉もやしには、「豆もやし」と「そばもやし」の二種類があります。
  • 豆の種類は 、先人が選び伝えてきた地域在来種で、
    豆もやしは 「小八豆(こはちまめ)」 という大豆の品種です。
    他の品種では美味しいもやしになりません。「小八豆」は門外不出です。
    そばもやしは、そばの品種を使用しています。
  • 栽培の秘訣は、温泉もやしの名の通り「温泉 」が栽培過程で
    ふんだんに使用されているところにあります。
    温泉の熱だけで地温を高めて栽培する土耕栽培で、栽培はもちろん
    洗浄・仕上げに至るまで水道水を一切使わず、温泉水のみを使用して育てます。

    全行程一週間ほどで収穫となる大鰐温泉もやしの品質の良し悪しは、
    種を蒔いてから4日後の成長で決まるため、土床の温度調節には熟練を要します。
  • 大鰐温泉もやしは、「ワラ」で束ねているのが目印です。
    昔と変わらず手作業で行い、伝統を受け継いでいます。

 

 大鰐温泉もやしのおいしさ

 おいしさの秘密は何といっても、その歯触りです。7日間かけてじっくり育てられた大鰐温泉もやしは、
自らが持つ生命力と秘伝の「温泉〆」により、水耕栽培にはないシャキシャキとした歯ごたえとなります。

 また、昔ながらの土耕栽培のため、ほのかな土の香りを抱き、独特のうまみがあります。

 シャキシャキ感が強い豆もやしはみそ汁や豚汁・油炒め等にして、
細いそばもやしはサラダやおひたしにしていただきます。

大鰐温泉もやしレシピ集

 大鰐温泉もやしレシピ集は、津軽で活躍されている有名店の皆様にご協力いただき作製しました。
家庭でも簡単に作れるシェフレシピとなっております。様々な料理で「大鰐温泉もやし」をお楽しみ下さい。

 大鰐温泉もやしレシピ集 [2900KB pdfファイル] 』

 

 ※ このレシピ集は、平成23年2月に編集・発行されたもので、掲載情報は当時のものです。
掲載されている各店舗等には、許可を得て掲載しホームページで公開しています。無断転載はご遠慮ください。

大鰐温泉もやしの取扱店一覧【H27.9.1現在】

取扱店舗名 郵便番号 所在地 電話番号 発送
地域交流センター鰐come 038-0211 南津軽郡大鰐町大字大鰐字川辺11-11 0172-49-1126 不可
ママの店 038-0211 南津軽郡大鰐町大字大鰐字湯野川原94 0172-48-3641
福士食料品店 038-0211 南津軽郡大鰐町大字大鰐字大鰐9-5 0172-48-3315

※ 入荷時期・入荷数量等により、購入できない場合もございますので、事前に直接店舗にお問い合わせください。

※ 配送可能となっている店舗でも、鮮度や数量により対応できない場合があります。