ページの先頭です 本文へスキップ

ホーム

  • 文字を小さく
  • 文字を元に戻す
  • 文字を大きく

サイト内検索

ここから大分類です 大分類はここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
このページの場所は次のとおりです ここからページの本文です

平成15年 バックナンバー

広報大鰐 2003年12月号

広報大鰐 2003年12月号

「全ては前進するため」

前の自分と比較して自分で判断しちゃいけない
そんな大会だったのでしょう
ミスはつきもの
いつまでもそれを引きずっていてはそこから抜け出せない
それを乗り越えて前に突き進む
「マーチングは皆に希望と勇気を与えるため奏でるんだ」
そのことを一番よく知っていたのは君たちだね

広報大鰐 2003年11月号

広報大鰐 2003年11月号

「ふるさとの情景」

九月の秋晴れの中 山の中の小学校跡の小さなグラウンドで
「高野新田へき地保育所」の大運動会
村を見下ろす小高い丘に
高野新田分教場が昭和26年9月に大鰐第二小学校の分校となって
開校されてから昭和43年3月に廃校となるまで
子どもたちが元気に通ったであろう坂道を登ると
杉木立に囲まれた200坪ほどの広場がある
この日を待ちかねていた人々が集う
近くには村の鎮守も祀られ 今なお人々の心のよりどころ
この子どもたちにもきっと心に刻まれるに違いない
「ふるさとの情景」として

広報大鰐 2003年10月号

広報大鰐 2003年10月号

「輝き続ける鰐中吹奏楽部」

すべてが満たされることが幸せだろうか
手中にする過程がもっともっと意義あること
まして、それが叶ったときの喜びは
何物にも変えがたい
人として成長していくことの喜び
それを知り得た君達だから
光り輝き続ける

広報大鰐 2003年9月号

広報大鰐 2003年9月号

津軽の伝統は引き継がれる

津軽、大鰐町に生まれた君たちは幸せだ
四季を通して季節を愛でる祭りがある
君たちが主役になって
こんなにも楽しめるこの町
いずれ大鰐町を旅発つことになろうとも
忘れることはないだろう
君たちの夏が続く限り

広報大鰐 2003年8月号

広報大鰐 2003年8月号

少子化の中で生きる子どもたち

年少者の犯罪が全国的に発生している昨今、原因を掘り下げれば
学校でのいじめ、家庭、地域社会からの疎外。
ほんの小さな些細なことが火種となって
年少者の信じがたい犯罪へと発展している。
火種は見ているだけでは消えることはない
ましてや日常繰り返され、周りが多いほどに小さな火種も猛火と化す。
些細の尺度は、時として他人に通用しないことを教え、学ばなければ。
この不幸を繰り返さぬために。

広報大鰐 2003年7月号

広報大鰐 2003年7月号

つつじの花もかすむ
みごとな手さばき

可愛い姉さがつつじまつり会場で
津軽民謡に合わせて手踊りを披露
二人の手は紅葉ならぬ
つつじの花のごとく
陽に輝いて
ヒラリ、ヒラリ

広報大鰐 2003年6月号

広報大鰐 2003年6月号

今日は未知との遭遇
この先には何があるのかな

『石の塔見ねうぢおっきごとしゃべらいね』
といわれても、この鳥居の先に何があるのか怖いよね
見てしまったらあまりの大きさにびっくりして
大きなことが言えなくなってしまわないように

広報大鰐 2003年5月号

広報大鰐 2003年5月号

笑顔と笑い声の絶えない
底抜けに明るい新一年生です

最近は、先生もつっこまれるほどの
会話の達者な一年生が多くなり
笑顔と笑い声が教室中を包み込んで
保護者の方々がハラハラ、ドキドキの
入学式の1日でした

広報大鰐 2003年4月号

広報大鰐 2003年4月号

きら星のごとく

「卒業を認める」の言葉に贈られ
流星群のごとく輝いていた
大鰐小学校41名 大鰐第二小学校9名 蔵館小学校16名
長峰小学校31名 大鰐中学校117名 大鰐高等学校39名
それぞれの学び舎を巣立っていく
これからは一つひとつの
煌めき輝ける星々となって
大鰐を照らしてほしい

広報大鰐 2003年3月号

広報大鰐 2003年3月号

雪舞台

あじゃら山は聞いていただろうか
「修子」「木村」「工藤」と叫ぶ声を
船木が懐を滑空するのを見ていただろうか
涙と汗を全部受け止め
大きな流れとなって
大鰐から青森の地を流れた
『アジア冬季競技大会 青森2003』
君はその感動と喜びと悲しみを
心の奥にそっと抱え
また会えるときまで
灯しつづけてほしい

広報大鰐 2003年2月号

広報大鰐 2003年2月号

伝統を力に変えて

アスリート達には
勝利への道のりは果てしない
すべてのものが一つとなったとき現れる
氷と化した汗も涙も吹き飛ばし
自らの目標に向かって上を目指せ
東北大会 そして全国大会へと
伝統を背負うことなく
力に変えて
ケッパレ
鰐中・鰐高

広報大鰐 2003年1月号

広報大鰐 2003年1月号

サンタさんがやってきた

大きな大きな袋を肩に
みんなが夢見たプレゼントを
いっぱいに詰め込んで
泣き虫でも わんぱくでも
サンタクロースは一年に一度夢をかなえてくれる
みんなの夢が大きくて 多いほど
サンタさんは大忙し
『市町村合併』という袋は
みんなの夢をどれだけ入れられるのかな
ここまでが本文です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です

大鰐町役場 〒038-0292 青森県南津軽郡大鰐町大字大鰐字羽黒館5-3
TEL/ 0172-48-2111(代) FAX/ 0172-47-6742 MAIL/system@town.owani.lg.jp

© 2015- OWANI TOWN. All rights reserved.

ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる