国では、自動車のナンバープレートを地域振興や観光振興に活用する観点から、地域の要望に応じて新たな地域名を定める「ご当地ナンバー」の導入を行い、その普及を進めています。

 今般、国による新たな「地方版図柄入りナンバープレート導入要綱」が制定され、弘前市、西目屋村が導入している「図柄入りナンバープレート」の対象市町村の追加が可能になりました。そこで、大鰐町でも「弘前」ナンバープレートの導入を検討するため、下記のとおり町民アンケートを実施いたしました。

 この度、アンケートの集計が終わりましたので、その結果についてお知らせいたします。回答にご協力いただき、ありがとうございました。

 

 アンケート調査結果はこちら [133KB pdfファイル] 

 

 

町民アンケート調査の実施について

調査目的

「弘前」ナンバー導入を検討するにあたり、町民の意見を把握するため

調査方法

①調査対象者 町内在住の満18歳以上の方(令和4年6月1日現在)

②サンプル数 1,000人

③抽出方法  住民基本台帳から無作為抽出

④実施方法  郵送による配布・回収

⑤調査期間  令和4年7月19日(火)~8月1日(月)  

「弘前」ナンバープレートについて

  

A

 図柄なし

 (寄付なし)

B

 図柄入り「フルカラー」

 (寄付金:1,000円以上)

C

 図柄入り「モノトーン」

 (寄付金なし)

     

・「弘前」ナンバープレートは上記3種類から選択できます。

・使用中にナンバープレートを強制的に変更するものではありません。新車や中古車を購入し、新規に登録する場合は「青森」ナンバーを選ぶことができず、「弘前」ナンバーになります。

・いったん「弘前」ナンバープレートが交付された後は、「青森」ナンバープレートを選択することはできません。

・選択したナンバープレートの取付けには、これまで通り法定取付け料が課金されます。

・フルカラー版を選択した場合の寄付金は、地域振興や観光振興に活用されます。