新生児の聴覚検査費用を助成します

 

新生児聴覚検査を受けましょう!

生まれつき、耳の聞こえにくさがある赤ちゃんは、日本では1年間に約1,000人に1~2人と言われています。聞こえにくさがないか早期に発見し、適切な療育を受けることで赤ちゃんのこどばやコミュニケーションの発達を促すことができますので、検査をぜひ受けましょう。

令和5年4月1日以降に生まれた赤ちゃんが聴覚検査を受けた場合は、検査費用の全額を助成しますので、忘れずに申請してください。

 詳しくはこちら → 新生児聴覚検査費助成事業

ライフイベント