こどもの予防接種

こどもの予防接種には予防接種法に定められた定期の予防接種とそれ以外の任意の予防接種があります。

定期の予防接種

定期の予防接種は、予防接種法により予防接種ごとに接種回数や対象年齢が定められており、対象年齢内で規程の回数については無料で受けることができます。
定期の予防接種は、指定医療機関で個別接種により実施します。

  B型肝炎ヒブ(インフルエンザ菌b型)小児用肺炎球菌四種混合(DPT-IPV)

    ポリオ(単独不活化)BCG麻しん・風しん水痘日本脳炎二種混合(DT)

    子宮頸がん予防ワクチン

指定医療機関
  • 町立大鰐病院      電話 48-2211
  • おおわに内科クリニック 電話 47-7111
  • 小山内医院       電話 48-2415
  • ゆのかわら医院     電話 47-6611

※医療機関ごとに接種時間、接種できるワクチンが異なりますので、予防接種に行く前に必ず医療機関へお問い合わせください。
※指定医療機関以外で定期予防接種を希望される場合は、接種する前に保健福祉課までお問い合わせください。

接種方法・持ち物

直接、指定医療機関にお申し込みください。原則として、予防接種は保護者の同伴が必要です。
接種当日は、予診票に必要事項を記入のうえ、母子健康手帳をお持ちください。

予防接種に当たっての注意事項

予防接種の実施においては、体調の良い日に行うことが原則です。
また、お子さまが以下の状態の場合には予防接種を受けることができません。

①明らかに発熱(通常37.5℃以上をいいます。)がある場合
②重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな場合
③受けるべき予防接種の接種液の成分によってアナフィラキシーを起こしたことがある場合
④BCG、麻しん・風しん等、他の生ワクチン接種後27日以上過ぎていない場合
⑤四種混合、インフルエンザ等、他の不活化ワクチン接種後6日以上過ぎていない場合
⑥その他、医師が不適当な状態と判断した場合

お子さまの健康状態が良好でない場合や以下の場合には、かかりつけ医等に相談の上、接種するか否かを決めてください。

①心臓血管系疾患、腎臓疾患、肝臓疾患、血液疾患及び発育障害等の基礎疾患を有する場合
②予防接種で接種後2日以内に発熱のみられた場合及び全身性発疹等のアレルギーを疑う症状を起こしたことがある場合
③接種しようとする接種液の成分に対して、アレルギーを起こすおそれがある場合
④過去にけいれん症状を起こしたことがある場合
⑤過去に免疫不全の診断がなされている場合及び近親者に先天性免疫不全症の方がいる場合

予防接種を受けた後の注意

①接種後30分間は病院にいるなどして様子を観察し、アレルギー反応などがあれば、医師とすぐに連絡がとれるようにしておきましょう。
②接種後2~3週間は、副反応の出現に注意しましょう。
③接種当日の入浴は差し支えありませんが、注射した部位をこすることはやめましょう。
④接種当日は接種部位を清潔に保ち、いつも通りの生活をしましょう。ただし、激しい運動はさけましょう。
⑤高熱やけいれんなどの異常な症状が出た場合は、速やかに医師の診察をうけてください。

B型肝炎

平成28年10月1日から、B型肝炎ワクチンが定期接種となります。
対象は平成28年4月1日以降に生まれた0歳児で、1歳になる前に3回の接種を終える必要があります。
1回目の接種から3回目の接種を終えるまでには、おおよそ半年間かかります。
1歳になってしまうと、定期接種の対象外となります。

標準的な接種期間※( )は対象年齢

接種回数

接種間隔等

生後2から9か月

(1歳に至るまでの間)

3回

2回目:1回目から27日以上の間隔をあける

3回目:1回目から139日以上の間隔をあける

  • 母子感染予防の対象者の取り扱い
    肝炎ウイルス(HBs抗原)陽性の母親から生まれ、母子感染のおそれがあって、B型肝炎ワクチンの接種を受けたことがあるお子さんは、定期接種の対象者から除かれます。
  • 既接種者の取り扱い
    定期予防接種が導入される前に、任意接種としてB型肝炎ワクチンの接種を受けたことがあるお子さんは、定期接種に規定された接種を受けたものとみなし、残りの回数を接種します。

※ラテックスアレルギーのあるお子さんは、接種する前に必ず医師にご相談下さい。

上に戻る

 ヒブ(インフルエンザ菌b型)

標準的な接種期間 

接種回数 接種間隔等
接種開始時期 生後2から7か月

初回3回

追加1回

初回

生後12か月に至るまでの間に27日以上の間隔をおいて3回

追加

初回接種(3回)終了後、7か月以上の間隔をおいて1回

生後7から12か月

初回2回

追加1回

初回

生後12か月に至るまでの間に27日以上の間隔をおいて2回

追加

初回接種(2回)終了後、7か月以上の間隔をおいて1回

生後12から60か月 1回  

上に戻る

 小児用肺炎球菌(13価)

標準的な接種期間 

接種回数 接種間隔等
接種開始時期
 
生後2から7か月

初回3回

追加1回

初回

生後24か月に至るまでの間に27日以上の間隔をおいて3回。ただし、2回目の接種が生後12か月を超えた場合、3回目の接種は行わない。

追加

初回接種(3回)終了後、60日以上の間隔をおいて生後12か月以降に1回。

生後7から12か月

初回2回

追加1回

初回

生後24か月に至るまでの間に27日以上の間隔をおいて2回。

追加

初回接種(2回)終了後、60日以上の間隔をおいて生後12か月以降に1回。

生後12から24か月 2回 60日以上の間隔をおいて2回
生後24から60か月 1回  

上に戻る

 四種混合(DPT-IPV)ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオ

標準的な接種期間※( )は対象年齢

接種回数 接種間隔等

1期初回:生後3から12か月

(生後3から90か月に至るまで)

3回 20日以上の間隔をあけて3回

1期追加:

1期初回接種終了後、12から18か月

(生後3から90か月に至るまで)

1回 1期初回接種(3回)終了後、6か月以上の間隔をあけて1回

 上に戻る

ポリオ 単独不活化

標準的な接種期間 ※( )は対象年齢 接種回数 接種間隔等

1期初回:生後3から12か月

(生後3から90か月に至るまで)

3回 20日以上の間隔をあけて3回

1期追加:

1期初回接種終了後、12から18か月

(生後3から90か月に至るまで)

1回 1期初回接種(3回)終了後、6か月以上の間隔をあけて1回

上に戻る

 BCG

標準的な接種期間 ※( )は対象年齢

接種回数

生後5から8か月

(生後1歳に至るまで)

1回

上に戻る

 麻しん・風しん

標準的な接種期間 ※( )は対象年齢 接種回数 備 考
1期:生後12から24か月に至るまで 1回 1歳になったらできるだけ早期に接種する

2期:

5歳以上7歳未満で小学校就学前1年間

1回  

上に戻る

  水痘

標準的な接種期間 ※( )は対象年齢 接種回数 接種間隔等

1回目:生後12から18か月

(生後12から36か月に至るまで)

2回

3か月以上(標準的には6から12か月)の間隔をあけて2回

2回目:1回目終了後、6から12か月

(生後12から36か月に至るまで)

(注)すでに水痘にかかったことがある方は対象外となります。
(注)すでに任意接種として水痘ワクチンの接種を受けたことがある方は、接種した回数分の接種を受けたものとみなします。

上に戻る

 日本脳炎

標準的な接種期間 ※( )は対象年齢 接種回数 接種間隔等

1期初回:3歳

(生後6から90か月に至るまで)

2回 6から28日の間隔をおいて2回

1期追加:4歳

(生後6から90か月に至るまで)

1回 1期初回接種(2回)終了後、6か月以上(標準的には1年)の間隔をおいて1回

2期:小学4年生

(9歳以上13歳未満)

1回  

上に戻る

 二種混合(DT) ジフテリア・破傷風

標準的な接種期間 ※( )は対象年齢 接種回数

2期:小学6年生(11歳以上13歳未満)

1回

上に戻る

 子宮頸がん予防ワクチン

サーバリックス

標準的な接種期間 ※( )は対象年齢 接種回数 接種間隔等

中学1年生

(小学6年生から高校1年生の年齢相当)

3回 1回目を0月として、以降1か月、6か月の間隔をあける

 ガーダシル

標準的な接種期間 ※( )は対象年齢 接種回数 接種間隔等

中学1年生

(小学6年生から高校1年生の年齢相当)

3回 1回目を0月として、以降2か月、6か月の間隔をあける

 

(注)子宮頸がん予防ワクチンは、平成25年4月から定期接種になりましたが、平成25年6月14日付けの国の通知により、現在、子宮頸がんワクチンの接種を積極的にはお勧めしていません。接種に当たっては、有効性とリスクを理解したうえで受けてください。

上に戻る

 任意の予防接種

任意の予防接種には、予防接種法に定められていないインフルエンザワクチン、おたふくかぜワクチン、ロタウイルスワクチンなどがあり、かかりつけ医と相談するなどして、保護者の判断により接種するかどうかを決めることになります。この場合の接種は有料となります。
また、定期の予防接種の対象年齢や既定の回数を外れて接種を受ける場合も任意の予防接種となり、有料となります。