胃がんリスク検診

町では、胃がんの早期発見、早期治療を行い、胃がんの死亡率を減少させるために、これまでの胃がん検診(バリウムによるレントゲン検査)に加えて、血液検査で胃がんになる危険度がわかる「胃がんリスク検診」を実施します。この検診は、胃がんそのものを発見するための検診ではありません。
なお、受診の結果、要精密検査と判定された方は、自己負担(保険診療)で胃内視鏡検査を受ける必要があります。

対象

町内に住所を有する、20歳から64歳までの方

ただし、下記のいずれかに該当される方はご遠慮ください。

  • 胃潰瘍や十二指腸潰瘍の治療中の方
  • 既に胃がんリスク検診を受診したことがある方
  • 既にピロリ菌除菌治療をした方
  • 胃の手術をしたことのある方
  • 腎不全と言われたことのある方、または治療中の方
受診方法

町内5か所の医療機関に事前に申込みしてください。

実施医療機関

  • 町立大鰐病院       電話 48-2211
  • おおわに内科クリニック  電話 47-7111
  • 小山内医院        電話 48-2415
  • えば医院         電話 48-5575
  • ゆのかわら医院      電話 47-6611
検査内容  
  • 問診
  • 血液検査(ヘリコバクター・ピロリ菌抗体検査、血清ペプシノゲン検査)
料金 

1,000円(生活保護世帯の方は無料)