大鰐町では、平成29年4月から介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)を実施しています。
 
この事業は、全ての65歳以上の町民の方を対象に、住み慣れたこの大鰐町で自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることが出来るよう、介護予防サービス・生活支援サービスを提供するものです。
 
これまで要支援1・2の方が利用していた「介護予防サービス」のうち、「訪問介護」と「通所介護」がこの事業に移行します。これにより、市町村がサービス単価を独自に設定するなどして、地域の実情に応じたサービスの提供が可能となりました。大鰐町のサービス単価は、国が定める単価と同額です。
 
事業の対象者は、要支援認定者のほか、65歳以上の方で、25項目の基本チェックリストにより生活機能の低下が認められた方(以下、「基本チェックリスト該当者」という。)です。
 
なお、「介護予防訪問看護」「介護予防住宅改修」などのサービスは、介護予防サービスとして引き続き介護保険から給付されます。

事業内容

大鰐町では、以下のとおり事業を実施します。
サービスの利用方法、事業の内容など詳しくは、保健福祉課介護保険係または地域包括支援センターまでお問い合わせください。
 
①介護予防・生活支援サービス事業
 要支援認定者及び基本チェックリスト該当者を対象に、以下のとおり事業を実施しています。
 
 【要支援認定者】
  訪問型サービス(現行の介護予防訪問介護相当サービス)
  通所型サービス(現行の介護予防通所介護相当サービス)
  通所型サービスC(3か月から6か月の短期間で行う運動器などの機能向上事業)
  見守り配食サービス(週2回程度の見守りを兼ねた配食事業)
 
 【基本チェックリスト該当者】
  訪問型サービスA(基準緩和型の生活支援サービス)
  通所型サービスC
  見守り配食サービス
  
      ※通所型サービスCについては、現在、他の通所サービスを利用されていない方が対象となります。
 
②一般介護予防事業
 全ての65歳以上の町民を対象に、介護予防教室(さわやかシニア教室)や地域介護予防活動支援事業などを実施しています。

総合事業サービスコード

大鰐町の総合事業サービスコード表を以下のとおり掲載します。
 
 
 
 
サービスの種類

コードの種類

 訪問型サービス A2
 通所型サービス A6
 介護予防ケアマネジメント AF
 
 
 
~ 改正内容 ~
 
平成30年10月1日以降適用
 「介護予防・日常生活支援総合事業における「国が定める単価」について(平成30年2月9日事務連絡).pdf [276KB pdfファイル] 」にて、総合事業における「国が定める単価」の改正(平成30年10月1日施行)について示されたことから、大鰐町のサービスコードについても改正し、平成30年10月1日から適用することとしました。
 
平成31年4月1日以降適用
 「介護職員初任者研修修了者」又は「ホームヘルパー2級課程修了者」の資格を有する者が、訪問型サービスを提供する事業所のサービス提供責任者に配置されている場合の減算について、平成31年4月1日以降はこれらの者をサービス提供責任者として配置することが出来ないことから、平成31年3月31日を以て当該減算を廃止することとしました。

事業所の指定について

大鰐町の被保険者に対して総合事業のサービスを提供する事業所は、大鰐町の指定を受ける必要があります。指定の申請に必要となる書類を以下のとおり掲載しますので、サービスを提供する2か月前(指定更新の場合は3か月前)までに書類を提出してください。
 
※平成30年10月1日改正
 
○指定申請書類
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 ※ 平成30年10月1日改正
 

介護職員処遇改善加算に係る届出について

総合事業のサービスに係る介護職員処遇改善加算の届け出は市町村へお願いします。
 
○届出書類別紙様式
 
 
 
 
○参考